ADK-06E 奇形児 "PLASTIC SCANDAL" EP

ADK-06E
奇形児 "PLASTIC SCANDAL" EP
 1982年11月、東京で結成。TYPHUSからTHE STALIN、G-ZETなどのギタリストとして活動をしていたTAMが立ち上げたADKという自主制作のレーベルから1983年3月に1stソノシート をリリース。29年前のインディーズで1000枚を3週間で売り上げた。その僅か半年後の9月に発売したEPがこの2作目のPLASTIC SCANDAL。切り刻む様に、また恍惚に鳴らされるメロディと、凄絶なる絶対的存在感を放つヴォーカル。ラジカルな録音。荒くれ、絡み付き、這い回る。抑えきれない衝動。いや、寧ろ抑える気など無い。その詞は悲しいほど自虐的で卑猥ながら、どこかほくそ笑むような態度。まるで文学にさえ感じる。存在という調和から排除される奇形の、その深い陰惨の闇。「嫌な事とか汚い事とか無理に綺麗にしようとするでしょ?」かつて語られた言葉。闇は光の在り処を明らかにする。明る過ぎては大抵曖昧だ。ある本の第一部の冒頭に記された言葉を読んだ時、この作品、このバンドが世に存在する確かな理由と重なる。『奇形者なしですませようとする社会は塩気のない料理のようなものである』これはそんなレコードだ。4曲入り。(MICHIAKI/terribilis, ex.THE LAST SURVIVORS)

SIDE-A
1. PLASTICS LOVE
2. 1983
SIDE-B
1. 煩悶
2. 孤独のワルツ

発売元 ADKレコード
販売元 MCR COMPANY
販売価格 864円(内税)
購入数

ピックアップ商品